中国語をスマホで入力する方法(Android/iPhone)

スポンサーリンク
iPhoneの「新しいキーボードを追加」の画面 PC・スマホで中国語学習

前回の中国語をPCで入力する方法に続いて、中国語をスマートフォンで入力する方法について説明します。

Androidでの中国語入力方法

アンドロイド端末で中国語を入力するための方法はいくつかありますが、ここでは代表的なアプリであるGoogleピンイン入力について触れます。

Googleピンイン入力

端末によって異なりますが、最新のアンドロイド端末ではGoogleピンイン入力がプリセットされているので、設定画面の「言語と入力」から「現在のキーボード」→「キーボードの選択」で「Googleピンイン入力」をオンにすればOKです。

インストールされていない端末ではGoogleピンイン入力アプリをGoogle Playからダウンロードしてインストールします。

Googleピンイン入力 – Google Play

Googleピンイン入力の詳細はこちらのサイトで詳しく紹介されています。

スマホの中国語手書き入力は「Googleピンイン入力」がおすすめ~Android編 | ユーウェン中国語講座

中国語の設定は3種類あります。

  • 中国語(簡体)
  • 中国語(繁体)
  • 広東語

広東語は主に中国の広州近辺と香港・マカオで使われる言語なので、標準の中国語(マンダリン)を入力する場合は上の二つのどちらかを選びます。

簡体字キーボードは以下の入力方法に対応しています。

  • ピンイン(英語キーボードQWERTY)
  • 9キー(ガラケー方式)
  • 手書き
  • 筆画

繁体字キーボードは以下の入力方法に対応しています。

  • ピンイン
  • 注音
  • 手書き
  • 倉頡
  • クイック(速成)

iOSでの中国語入力方法

iPhoneやiPadなどのiOSでは中国語の入力は基本機能としてサポートされています。

中国語キーボードの設定方法

設定画面の「一般」>「キーボード」>一番上の「キーボード」>一番下の「新しいキーボードを追加」で下の方にある「その他のIPHONE用キーボード」の中から中国語(簡体字)または中国語(繁体字)を選び、キーボードの入力方法を選びます。

iPhoneの「新しいキーボードを追加」の画面

iPhoneの「新しいキーボードを追加」の画面

キーボードの入力方法は、簡体字は拼音(ピンイン)入力の場合3種類から選べます。

  • QWERTY
  • 10キー
  • AZERTY

AZERTYとは主にフランスで使われているキー配列の方式で、日本で使われているのはアメリカ式の英語キーボードであるQWERTYの方です。

ピンイン以外では以下の入力方法に対応しています。

  • 双拼
  • 手書き
  • 筆画

iPhoneのキーボードの入力方法の選択画面(簡体字)

iPhoneのキーボードの入力方法の選択画面(簡体字)

繁体字の場合はさらに選択肢が増えます。

  • 注音(標準/動的)
  • 手書き
  • 拼音(QWERTY/10キー/AZERTY)
  • 双拼
  • 筆画
  • 速成(標準/動的)
  • 倉頡(標準/動的)

iPhoneのキーボードの入力方法の選択画面(繁体字)

iPhoneのキーボードの入力方法の選択画面(繁体字)

ピンインの入力方法

基本的に声調は入力不要ですが、母音を長押しすることで声調を選ぶことができます。例えばこのようにaキーの長押しで声調の候補が表示されます。

普段の入力では声調は入れなくても変換候補が出てくるためあまり使うことはありませんが、覚えておくとよいでしょう。

iPhoneの拼音キーボード長押しで声調つき母音aを表示

声調つき母音a

ちなみにアンドロイド、iOSともにピンイン入力で「ü(ウムラウト付きのu)」は英語キーボードの場合「v」キーで代用します。こちらも同様にvキーの長押しで声調が選べます。

iPhoneの拼音キーボード長押しで声調つき母音uを表示

声調つき母音u

母音を省略しても予測変換で表示される便利な機能(例えば「nh」と打つと「你好」と変換候補が表示される)があるので、慣れてくるととても早く打つことができます。

これから中国語を勉強する人が登録するべきキーボード

中国大陸で使われる中国語を入力したい人は簡体字キーボード、台湾・香港・マカオの中国語を入力したい人は繁体字キーボードを選びます。どちらも必要な人は両方登録できますが、選択画面がごちゃごちゃするという難点があります。

私はiOSを使っていて繁体字のみを使用していますが、登録しているのは拼音(QWERTY)と手書きで、普段はほとんど拼音しか使いません。

これから中国語学習を始める方は私と同じく
拼音(QWERTY)+手書き
を登録するのがおすすめです。
(台湾の注音符号を使う場合は拼音ではなく注音(標準)でもOK)

読み方を覚えられるまでは手書き入力でもよいですが、書くのに時間がかかるしピンインを覚えられないので、早く拼音入力に慣れるようにしましょう。手書き入力はピンインのわからない漢字を入力するときに使う程度にとどめるようにします。

その他の入力方法はすでに中国語に習熟した人が使う入力方法なので登録する必要はありません。

キーボードの設定で「拼音あいまい入力」「ファジーピンイン」「自動修正」などの機能を使うと例えば「中」と書きたい時にzhでもzで候補を出すことができますが、すなわち間違ったピンインでも表示されるということでもあるので、正しいピンインを覚えるためには中国語学習者はこの機能はオフにしておいた方が良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました